雲のかなた

雲のかなた

楽しく生きる方法を思考する

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(ゴーゴーバー・鉄道市場)3日目-4日目

 

f:id:trikeratops123:20200501162926j:plain

こんにちは!

 

タイ一人旅記事ラストになります。

丁度100記事。さぼりすぎて100記事作るまでに4年かかったーー

 

 

プーケット空港からスワンナプーム空港に到着し、

今晩の宿である、アソーク駅周辺の宿まで移動。

 

 

空港ーPhaya Thai(バヤータイ)ー(アソーク)

ARL(エアポートエアリンク) BTS(スカイトレイン)

 

という感じで移動。安くて乗り方も複雑ではないので

一人旅の方は、市内回るんだったら電車を使った方が安く済みます。

そんなに難しくないし。

 

 

ARLの乗り方

amazing-trip.xyz

 

BTS乗り方

amazing-trip.xyz

 

 

このページは、実際に現地で使ったページで調べて

使わさせて頂いたページなので参考になります 

 

 

目的地のアソーク駅までは、意外とすんなりと行く事ができた。

人も基本そんな多くなくて、日本の電車とそんな大差ないと思う。

 

 

切符の替わりに、コインを使用する辺りが、結構

おもしろかったりしたけど。

 

 

アソーク駅に到着し、今晩の宿に向かう。

今晩の宿は、個室の宿だ!ドミトリーもたまには

いいけど、やはり個室が落ち着く。

 

ゴーゴーバー 

 

受付の時に、「人連れ込むならプラスで金かかるでー」

といわれた。

ここは、GOGOバーがつらねる「ソイカウボーイ」

からめちゃくちゃ近い場所にあるホテルだもんね。

 

 

少なからず、連れ込む人がいるという事か。

ひとまず、荷物を部屋に置いて、少しだけゆっくりする。

まずご飯を食べて、GOGOバーが連なる「ソイカウボーイ」

を見にいく。

 

 

ホテルから徒歩5分ぐらいで近くに到着。

近くには、たちんぼの子が何人か。

 

 

1人立ちんぼの子でめちゃくちゃ可愛い子が

いたので、正直いきたかったけどwやめた

 

 

タイは、ニューハーフが多い事でも有名なので

まず見た目だけじゃほんとにわからない。

 

 

適当に近くのご飯屋さんでご飯を頼む。

確かトムヤムクンとなんかの野菜炒め的なやつ。

このトムヤムクンと野菜炒めが、辛いのと野菜の芯が

 硬すぎて美味しくなかった。

 

 

普段出されたご飯は残さない精神だけど、

これを完食する事はできなかった。

 

タイというか海外で食事する時は、お店もそうだけど

何を食べるか非常に大事になってくる。

 

 

 日本のご飯で好き嫌いが、ほぼない僕でさえもタイにいくと

食べられる料理が限られる。日本とはほんとにすごい国だと改めて

感じたきっかけになった。

 

 

残した後ろめたさを感じながら、店を後にする。

イカウボーイいきます。

 

噂通りめちゃくちゃ盛り上がっている。

くそスタイルいい女の子たちがそこら中に水着姿で立っている。

 

これは日本じゃ経験できない。

客引きもくそ強引。

 

 

普通に手を引っ張って店まで連れて行こうとする。

こいつらなれてんなー

それにしても、オカマと本物の女性の見分けがつかん。

 

 

それぐらい、タイのオカマの完成度は高い。

喋ったら声が低いからわかるけど。

 

 

そんな感じでビビりながら一通り、通りを見て抜ける。

 

よし!2週目でお店に入ってみよう。

2回目もめちゃくちゃ、腕引っぽられる。

ひとまず、適当についていってみる。

 

ついていったものの、付いていった子が

オカマっぽい。でもくそ可愛い

 

店の中に入ると、店の中は細長になっており

片方に椅子とテーブル、対抗にステージがあり

女の子が全裸で踊っているという図が広がっていた。

 

 

ガチで異世界。席に座らされ、女の子誰付ける?

と聞かれるから、誘ってくれた子ひとまずつける。

 

 

その子は、日本語少し喋れるので、大分助かる。

 自分と女の子の分のドリンクを頼んであげる。

 

目の前には、全裸で踊るストリッパー

横には、女の子?美人なんだが、声が低いんで

実際は男なのか?最後までよくわからなかった。

 

周りのお客さんは、欧米の人のみ。

別店舗を覗きにいくと日本人らしきグループもいたが、

ほとんど欧米のお客さんでしめられていてた。

 

軽く女の子と雑談をした後、ネットの情報でもあったが

めちゃくちゃホテルに誘われた。

 

彼女たちの大きい収益の一つでもある。

だがしかし、最初からやるつもりはなかったので

お金がないと適当な理由で拒否。

 

それでもなかなか食い下がってくれず、

めちゃくちゃ自分の息子を触ってくるし、自分のおっぱい

触らせてくる。

 

 

そんなん誘惑されたら、負けそうになる。。

が!!自分を奮い立たせ誘惑には負けなかった。

 

 

めちゃくちゃ女の子は、残念そうにしていたが、

自分に甘えるわけにはいかない。

ドリンクも飲み終わって、雰囲気も十分味わえたのでお会計する事にした。

 

 

予想通り、2杯しか頼んでない割には、結構かかった。

いい感じに、細かいのがなかったので、大きいのを出したが、

チップと言われて、おつりを全部持っていかれたw

 

チップは払うけどw全部持ってくなよw

結構額大きかったぞ

 

とはいえず、おつり全部あげた。

 

こういうのちゃんと言えるようになるには、

一回自分を超えないとダメなんだろうな。。

 

 

ホテルに僕を連れ込むことができなかった、

彼女は残念そうに見送ってくれてバイバイした。

 

 

金は結構取られたが、それ相当の経験は積む事

ができたと思う。

 

 

「ソイカウボーイ」を後にして、宿に戻る。

久々誰も気にせず、寝ることができる。

 

次の日は、帰りの飛行機の時間までそんなに

時間がないので、鉄道市場を見に行って帰るプラン。

ほんとは、アユタヤとかいくつもりだったけど、飛行機を

ミスったせいで、バンコクをがっつり楽しむ事ができなかった。

 

ラチャダー鉄道市場 

 

次の日早朝に起きて、鉄道市場を目指す。

普通は、ナイトマーケットなので、夜に昼間に行く人は

ほとんどいないが雰囲気を感じるのと写真を撮りにいきました。

 

 

行き方はMRTで簡単に行けるので、僕が実際に参考にした

鉄道市場についてのサイトを貼っておきます。

 

travelbeautylife.com

プラスして、MRTの乗り方

trip-nomad.com

 

ソイ駅を後にして、タイランドカルチャーセンター駅を目指します。

ちなみ、電車乗り降りする時、持ち物検査的な物やっていてバッグ類は

全部口を開けて見せないといけない。

 

 

すげー適当だったんで意味あるんかわかんないですがw

タイランドカルチャーセンター駅に到着して、

鉄道市場を目指して歩く。

 

 

徒歩10分ほどで現地に到着。朝だというのにすでにくそ暑い。

ナイトマーケットなんで、人はおろか店は勿論開いてないしいない。

 

 

一応そんな感じでも中には入る事はできる。

人がいない昼間のマーケットは変な感じがした。

 

散策も飽きたので、そろそろ例の写真を撮る事にした。

ネットの情報に従い、すぐ横のデパートの立駐をめざす。

 

見えた景色がこんな感じ。

f:id:trikeratops123:20200501163120j:plain

 

確かに夜だったらめちゃくちゃ綺麗だろう

f:id:trikeratops123:20200501163034j:plain

 

 

カラフルなテントがインスタ映えすえるよね!

f:id:trikeratops123:20200501162949j:plain

 

 

30分ぐらいで、その場を後に帰りに空港に向かうことにした。

 

タクシーを使わず最後まで、ローカルな手段で移動したかったので

空港まで、MRTとタイ国鉄に乗り継いで空港まで行く事にした。

 

MRTでタイランドカルチャーセンター駅→Bang Sue Station

までいって、タイ国鉄に乗り換える

Bang Sue Junction → Don Muang

 

 

MRTは2回目なので、スムーズに乗車でき目的の駅まで

到着する事ができた。

 

問題は、国鉄の乗り方が結構むずかしかった。

現地では、実際このサイトを参考にさせて頂きました。

bangkok-pattaya-thailand.com

 

まずチケットを買うんですが、一等席やらいろいろあって

よくわからないまま、適当に駅員さんに到着駅だけ伝えて

切符を買いました。

 

グーグルマップだと乗車時間30分の6駅で値段が、日本円で

確か20円ぐらいでした!!価格びっくりするほど安い。

 

切符を買って、時刻表をひたすら眺めてました。

駅には、路線が2つあり、どっちに行けばいいのか正直

まったくわかりませんでした。

 

そして、たぶんこれかなって?いう感じの電車が到着して

その時は、半信半疑でしたが、駅員さんが僕がわけわかってないの

を察してくれたのか、

 

「この電車にのりなさい!!」的な事を言って身振り手振りを

交えながらいっていただき、なんとか電車に乗る事ができました。

 

ぶっちゃけ時刻表的に、この電車の次に乗ろうと思ったら、

飛行機の時間に確かぎり間に合わなかった。

 

最悪タクシー行くつもりでしたが。

 

 

異国の地で優しくされると、ほんとにその優しさは身に染みる!

日本で海外の方困ってたら、ほんまに助けてあげようと思ったもんね。

 

 

と一応乗車はできた。電車の窓は全開放。そして乗り降りするドアには

ドアがない。普通に危険だが、そこから見える景色だったり、風だったりが

めちゃくちゃ心地よい。

 

 

そういう意味では、タイに行ったら国鉄に乗るのは、普通にありだと

思う。たまに、魚か何かのフライをかご一杯に持っているおばちゃんが

売りに来る。

 

 

こんなくそ暑いのに、熱々のフライなんて買うやついるのか

なんて思いながら、電車の時間を過ごす。

 

国鉄は、車掌さんが、切符を確認しにくる。

 

懐かしい。僕が小学校ぐらいの時の地元では

そのスタイルだった。

 

 

今の日本では、ほとんどみなくなった光景だけど、懐かしかった。

そう思うと、時代って5年10年ですぐ変わっていくんだなーと思った。

 

確認されたあと、何か言われたがまったくわからなかった

ので適当にOKといっておいた。

 

30分ぐらいして、目的の駅に到着。

短くて、めちゃくちゃ濃い旅も終わりが見えてきた。

 

 

空港に到着し、チェックインをすまして、

お土産を買ってだらだらと時間を過ごす。

 

3日前までは、チェックインのやり方さえ知らなかったのに

成長したなー

 

帰りの便に乗り込み、また6時間も座っとかなあかんのかーとか

思っていたが、隣が可愛い女の子だったので、問題なし。

 

 

そんな感じで、6時間のフライトを終えて日本に帰ってきました。

日本語で会話できて、意味がわかるっていうのが当たり前じゃないって

事のありがたみがよくわかった旅でした。

 

 

3泊4日の短い旅だったが、すべてが初めてすぎて、

小学生並みの好奇心で過ごすことができた。

 

 

生活がマンネリ化して、刺激なくなったという人に

海外の一人旅をめちゃくちゃお勧めします。

 

以上。タイ一人旅でした。

 

 

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(タイガーキングダム・実弾射撃)3日目

 

f:id:trikeratops123:20200501163210j:plain

こんにちは!

 

 

昼前に目が覚め、ゲストハウスを出る準備をする。

プーケット最終日ベタな所いこう。

 

 

調べた感じ、観光地が集まってるわけではないので、結構色んな場所へいきにくい。

飛行機の時間もあるし、実弾射撃とタイガーキングダムいけたらいいかなー

 

 

プラン的には、実弾射撃場→タイガーキングダム→空港

 

 

前もってプランを、ガイドの方からここに行きたいって

いうのはトゥクトゥクの運転手に伝えてくれていたので、問題なし。

 

 

夫婦で赤いトゥクトゥクに乗ってきていた。

お互い、英語を片言でしか話せないので、軽い

挨拶ぐらいで早速出発した。

 

 

こういう時、言葉喋れたら、雑談できるのになーとはすごく思った。

 

 

トゥクトゥクは初めて乗るが、屋根と椅子付きの軽トラに

乗っている感じなので、走っていると風がめちゃくちゃ気持ちい!

 

実弾射撃

 

30分ぐらいで射撃場に到着。

「着いたでー!楽しんでおいでー」

 

システムを色々説明してくれるが何言ってるかよくわからん。

 

銃と弾数によって料金が違う。

ハンドガン~ショットガンまであるなら、

単純に安かったので、ハンドガンにしてみた。

 

 

観光客向けのビジネスの為そんな安くはない。

オプションで、写真撮ってくれてそれを現像してくれる

サービスがありまして、僕はよくわからずOKにしてしまった。

勿論追加でお金かかりました、

 

 

あのオプションはいらんかった。

 

 

早速説明を聞いて、射撃に入ります。

やり方とかは、英語わからなくても、スタッフの人が

手振り身振りで説明してくれるので、大丈夫です。

 

 

実銃の重さは、想像通りずっしり。

そして、記念すべき一発目。

 

 

結構反動ある!ちゃんと狙っても反動でずれるから

ちゃんとねらった所にとばねぇ。サバゲーはやった事あるけど

的にあてるのは、はるかに難しい。

 

 

確か8発かそんぐらいだったと思うけど、後半になるに

つれなんとなく感覚で分かってきたので、大分狙ったところに

あたるようにはなってきた。

 

 

わかってきた所だけど、8発なんで速攻で終わるw

例えたら、祭りでやる射的

 

 

実際やってみた感想は、こんなもんかって感じです。

一回やったらもういいかなー。

射撃が終わり、支払いを終え射撃場を後にする。

 

 

所要時間30分(笑)はやすぎ。

 

 

タイガーキングダム

 

射撃場を後にして、お次はタイガーキングダムを目指す。

15分ぐらいトゥクトゥクを走らせ到着。

 

 

個人的に入り方が結構ややこしかった。

虎に行きつくまで、2回関所を通らねば入れません。

 

 

一つ目が、チケット買う所。

ややこしいんだが、一発で券は買えずに受付して、

更にそこからチケット買うみたいなシステム。

 

 

プロが撮ってくれる写真付きオプションや、

色んなサイズのトラと写真撮ったりできるオプションがあります。

 

 

ちなみに、プロのカメラマンのオプションはいらないです。

トラの檻に入れるんですが、檻の中にいるスタッフが撮ってくれます。

カメラ持ってきているか、そこまでこだわりない人だった、

まじでいらないです。

 

 

券を買って中に入るまでに、結構時間がかかった僕。

やっと建物の中に入る事ができました。

 

 

建物の中に入り荷物を全部無料のロッカー預けて

トラの住む区域に入る事ができます。

 

 

カメラはOKです。確かリュック系とはあかんかった気がします。

入る前に、名前とかを記帳させられ、いよいよトラエリアにはいります。

 

 

中は、そんなに獣臭い感じはしませんでした。

あんまり広くもなく丁度よい。

 

 

各檻には、大きさごとに違うトラが入っています。

多分僕がいった時圧倒的に人気だったのが子トラだった気がします。

 

 

1種類のトラの檻に入るプランなら45分見とけば充分楽しめます。

 

 

僕は、MEDIUMタイガーを選択しました。

檻には、人が全員入れるわけではなく、数人単位で入れてる

みたいでした。

 

 

スタッフさんは、めちゃくちゃノリいい感じですw、

めちゃくちゃ下ネタいってたし。かなり話しかけてきます。

若干日本語もわかるっぽい。

 

 

虎というか動物って獣臭さが絶対あると思ってましたが

ここのトラは全然臭くない。以外な事に。

 

 

この時は、2頭のトラに触らせてくれて写真撮りました。

めちゃくちゃ段ボールで遊んでたんで、ほんまにでかい猫みたい。

 

 

怖さは全然ない。めちゃくちゃおとなしいです。

トラとの触れ合いを終え、タイガーキングダムを後にする。

 

 

日本ではトラに触れる所ないんで、いい経験になりました!

とにかく写真映えする場所!!プーケット来たら絶対行った方がいい。

 

 

これで、プーケットツアーは終わりです。

最後にトゥクトゥクで空港まで載せてチップ払ってご夫婦と

お別れしました。お金は事前にガイドさんに渡していました。

 

 

半日で、2000バーツだったので、日本円にしたら6000円ぐらい。

相場がわからないんですが、自分の事前準備や何も考えなく

土壇場で対応してくれたので、個人的には、満足感ありました。

 

 

プーケット空港~スワナプーン空港に移動完了!!

 

 

次回は、バンコクの夜~帰国までのラスト書いていきます。

 

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(プーケット夜編)2日目  

 

f:id:trikeratops123:20200422112501j:plain

 

こんにちは!

 

ダイビングから戻ってきて、ゲストハウスで一息ついてから

外に出かけます。

 

 

待ち合わせまで時間あるので、カタの街をぶらついたり

飯食っていきます。

 

 

 ミスったのが、全然写真撮っていなくてブログ用の

写真がない事。

 

 

時間は、まだまだそんな遅くないので、まずは

ナイトマーケットをぶらついてみる事にしました。

 

宿紹介

 

ちなみに僕が泊まったゲストハウスです。

www.booking.com

 

初めてで不安もあったので、日本人宿が良くてここにしました。

2泊しましたが、日本人には会わなかったです。

 

 

誰でも入れるプールありましたが、使う事はなかったw

僕は、4人部屋のドミトリールームを利用して、2泊で3000円

ぐらいでした。くそ安い。

 

 

中はシンプル。トイレ付きのシャワールームと2段ベッドが2つ

あと鍵付きの、貴重品入れ。

 

 

ただ、部屋の鍵の掛け方がよくわからんかった。。

部屋はいたって清潔で、Wifiとエアコンは付いてる。

 

 

寝るだけでいいって人にとってはいいと思います!!

 

 

以上。ざっくり宿泊所の説明でした。

 

カタをぶらつく 

 

宿を出て、まず向かったのはカタビーチ

歩いて15分ぐらい。

 

 

暗くてほとんどわからない。

でも綺麗なビーチだったので歩くのは、すごいい気持になる。

 

ただ途中の川がくそ臭かったのは覚えてる。

 

 

ビーチ探索もほどほどにし、ナイトマーケットにいってみる。

道には、人がたくさんいて、飲み屋が立ち並び活気にあふれている。

 

 

ほとんど、欧米人だけどね。この辺りは、カップルや

ファミリーとかが多い印象。

 

 

適当な店に入って、食べたシーフードなんちゃらが

辛すぎて、食べきれない所だった。

 

 

タイの食べ物は、まじで辛い。

 

 

ナイトマーケットをぶらつく。

結局何も買わなかったけど、色んな食べ物や物が

売ってて見てるだけでも面白かった。

 

 

そんなこんなしてたら、ガイドさんと合流!

そのままオススメのバーに連れて行ってもらった。

 

 

Lana bar っていうお店だったかな。

カタロードの道の側にあるお店で、バンドをずっとやってた。

正直うるさくて、話が全然聞こえないw

 

 

色々オススメしてもらって、おいしかったのは

タイのタイガービール!個人的に好きでした。

 

 

なんだろ

日本のビールより海外のビールの方が美味しく感じてしまう。

 

 

ガイドさんと話をしていて印象に残ったのが、留学とかの話をしている

時に出た話ですが、

「話しかけらるのは、いややなーとか思わなかった?」

「めっちゃ思いました」

「私も最初の頃(ワーホリしていた頃)はすごく話かけられるが嫌だった」

「何言ってるかわからないから、なんて返せばいいのかわからないですもんね」

「そう、だからあえて自分から話かけるようにしたの」

 

 

バリバリ海外で働いている人でも、最初は同じような事を思って

それを克服してきたんだなーと思い、それが違いなんだと感じた。

 

 

時間もそこそこ経過した所で、2軒目いこうかという話になり

シーシャ屋さんあるからいこうよ!ってなっていきました。

 

 

お腹もすいたので、コンビニで食べ物を購入し

シーシャ屋さんへ。

 

 

初めてだったので、全部選んでもらいました。

フルーツのフレーバーを選んで初シーシャ。

タバコ感がなくて甘い味がした。普通にうまい。

 

 

店には、ロシア人の4人組とカップルの計3組のみ。

夜も結構おそかったからね。

またそこで食べるコンビニ飯が美味しいわけよ。

 

 

なんだかんだ、コンビニのご飯が癖がなく一番

美味しかったかもしれぬ。

 

 

深夜1時ぐらい?まで楽しんで、店が閉まるという事で

シーシャ屋さんを後にしました

 

 

タイにきて、見るものやる事がほとんど新鮮なんで

好奇心がめちゃくちゃそそられた1日だった。

やっぱり、現地の事一番知ってる人と友達なるのが一番楽しめるんじゃ

ないだろうか。

 

 

そんな事を思いながら、誰もいなくなったカタの街を見ながら

お互い帰路についた。

 

 

ゲストハウスに着いたら満員だった部屋も僕ともう1人だけに

なっていた。正直このまま寝たかったけど、汗ばんで気持ち悪いんで

シャワーだけさっと浴びて速攻で寝た。

 

 

明日はガイドさんが手配してくれた、トゥクトゥクにに乗り

昼前から、射撃→タイガーキングダム→空港までのツアーだ。

 

 

つづく。

 

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(プーケットダイビング編)2日目  

f:id:trikeratops123:20200501162833j:plain

 

こんにちは!

 

船まで

 

朝6時頃起きて、準備を始める。

昨日いなかったルームメイトも帰ってきているようだ。

 

 

そういえば、深夜に2人ぐらい帰ってきて、ガヤガヤしていたな。

言語はロシア語かな。ロシア語わからんけど。

 

 

タイのお国柄なのか、深夜2400ぐらいまで外で演奏会?的な事を

やっていて、正直うるさくて寝れなかった。

 

 

日本であれやってたら、間違いなく警察沙汰。

 

 

準備完了し、こっそり部屋を出る。

部屋を出る時一人1本鍵もらってるんで、それで出る時鍵を

かけてから出るシステム。

 

 

全然鍵がかからなくて、普通に諦めた。。

多分中に人いるから大丈夫であろう。

 

 

ショップからの前情報によると、ゲストハウス

の目の前に指定のバンが迎えにくるからそれに乗って港まで来いとの事。

(最大で30分ぐらい交通事情で遅れる事あるからそこだけはご了承をとの事)

 

 

タイの道路はとにかくバイクが多い。

しかもノーヘルが当たり前みたいな風潮。

 

 

そして、予告通り30分程待って、道の反対側にそれらしきバンが停止。

それらしい人物と判断したのか、運転手が僕を手招きする。

 

 

かなり車とバイクの往来激しいんやけど、これを渡らなあかんのか。

ほとんど車と車の間が切れる瞬間がない。

しかも横断歩道なんてないから渡るしかない。

 

 

びびりながらも、ダッシュで横断し終えた。

名前を確認されて無事車に乗り込む。

 

 

途中で何人か拾い、港に到着。

最初、そのショップの車が迎えに来るのかと思っていたが

そうではなくダイビング船単位で、迎えに来るスタイルらしい。

 

 

港に到着し、車から降りたもののよくわからない為、

一緒に乗ってきた人についていく。

 

 

そこで、船のリーダー的な人が次々に名前を呼びあげて行って

「お前は、このガイドだ!」みたいな感じで振り分けていく。

 

 

そこで初めて、ガイドさんとご対面。

1日ぶりに日本語で会話できる喜びをかみしめる。

 

 

日本にいたら経験できない感情でした。

ちなみに今回お世話になったショップはこちら、

直前での日程及びプランの変更等迅速な対応をして頂きました。

 

 

軽く雑談を交わし、船が止まっている場所まで車で移動。

ちなみにその時のお客さんは僕一人(ショップの客)

 

 

人がめちゃくちゃ多くて、全然乗れないw

ガイドさんいわく自分からガンガンいかないと乗れないよー

海外じゃ誰も遠慮してはくれないよー

 

 

これを聞いて、関西に通ずるものがあると感じました。

関西で運転していると、車線が4本ぐらいあります。

 

 

車線変更したくてウィンカー出しても、なかなか譲ってくれる

車はありません。

 

 

そういう時は、わりかし強引にいくしかない。

こういう感じか~と思いました。

 

 

無事船行きの車に乗り、船に乗り込む。

こんなデカイ船に乗る事は、初めてだったのでわくわくしながら

乗り込みました。

 

 

ちなみに。レンタル器材は、事前に船に積んでくれてるみたいです。

そして、船の説明をリーダーらしき人がするという事でいったん上の

階へいけとの事。

 

 

まぁ英語わかんないから、何言ってるんかわからんけど。

説明が終わり意味不明のままガイドさんに日本語Verで

説明してもらう。

 

 

説明が終わり、ポイントまでの1時間半ぐらいの船旅。

その間に、レンタル器材の合わせと軽くブリーフィング。

お金の徴収などを行った。

 

 

途中で、昼ご飯がビュッフェ形式ででて食らう。

これも戦争なんで、早い者勝ち

 

 

なんだかんだ、圧倒位いう間にポイントに到着した。

色んな国の方がいらっしゃり、ぱっとみた感じ、中国、欧米

日本人は僕とカップルの2組だけ。

 

diving

 

現地の人はスタッフさん以外いませんでした。

ウェットに着替え、1本目のダイビングスタート!!!

 

1本目【Koh Bida Nok】

34本目!

 

水温:26℃

最大深度:20m

透明度:15m

 

潜行ロープ使って潜行していくスタイル

耳抜きが苦手なので、ゆっくり潜行していきます。

 

透明度的には、日本の海と比べやばい!!

とはならなかった。

 

魚種が多さが圧倒的に違う。

 

いいの選びすぎてめちゃくちゃ写真消してもうた

f:id:trikeratops123:20200501162918j:plain

 

チョウチョウオ

f:id:trikeratops123:20200501162956j:plain

 

ゴシキエビ

f:id:trikeratops123:20200501162858j:plain

 

トマトアネモネフィッシュ

なかなか見かけないおさかな。

でも、動きがすばしっこいので、撮るの難しすぎた。。

f:id:trikeratops123:20200501163552j:plain

 

 

一本目は、こんな感じ!

エグジットは、ガイドさんが、フロートを打ち上げて

船にピックアップしてくれるシステム。

 

 

無事拾ってもらい、船の上で一旦休憩。

凄い事に、この船は一本潜り終わるごとに、軽食が

出てきます。それが、日本で潜る料金と同じぐらいの値段で

サービスが付いてきてくれる!最強すぎる。

 

 

休憩したのちに、2本目へ!!

 

2本目【Palong wall】

35本目!

 

水温:27℃

最大深度:20m

透明度:15m

 

かの有名なピピ島のポイント!!

レオナルドディカプリ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となった場所

見た事ないんで僕はわかんないですが

 

f:id:trikeratops123:20200501163342j:plain

 

 

クマノミ

f:id:trikeratops123:20200501163540j:plain

 

キンセンフエダイの群れ

めちゃくちゃ圧巻すぎた

 

f:id:trikeratops123:20200501163519j:plain

 

TVとかでみるような景色が広がってました。

まさに「ゴールデンウォール」と言われるだけある!

f:id:trikeratops123:20200501163457j:plain

 

よくわからんやつ

f:id:trikeratops123:20200501163402j:plain

 

コテングフグ

ずっとこいつに会いたかった!!膨らむ所見たかったけど

おさわり禁止なので断念!!それにしても可愛いな。

f:id:trikeratops123:20200501162940j:plain



2本目終了!

 

しかし水温が26℃あるといえ、場所によっては寒い場所もあって

ブルブル震えていた。。フルウェットの方がよかったねー

 

 

3本 目【SHARK POINT】

 

36本目!

 

水温:27℃

最大深度:17m

透明度:20m

 

ポイント名通り、運がよかったらサメが見れるポイント。

若干流れがあるポイントなんでドリフトに経験がない僕は若干不安でした

が案外潜ってみたらそこは、大した事はなかったです。

 

 

インドカイワリ?だったような。。めちゃでかい

f:id:trikeratops123:20200501163215j:plain

 

 

でかハリセンボン

 

f:id:trikeratops123:20200501163047j:plain

 

 

サメみれんかなーとうろうろしてると、ガイドさんが

こっちこっちと手招きしてくれました。

 

なんと!サメがいました!!ダイビングでサメ見るの

初めてだったのでテンションあがる。

 

この後めちゃくちゃ記念撮影した。

ただ、流れがあり撮るほうも、撮られる方も必死。

 

 

トラフザメ

この岩につかまってないと、飛ばされるw

ほんまは、もっと近づいて撮りたかった

f:id:trikeratops123:20200501163125j:plain



写真だと、わかりづらいが結構大きい。

ちなみに、正面から近づくと逃げるらしいで、側面からそっと

近づきました。

 

 

全然近づいても逃げないので、結構人慣れしてるっぽい。

 

 

何にせよ、本命みれてよかった。

この日は僕はガチで持ってました。

 

 

そうしてこの日予定していた、本数を終了して帰路へ!

途中で、明日の話をガイドさんにしてると

 

 

「明日もプーケットなんすけど、交通手段きめてなくて」

「知り合いにトゥクトゥクのおじさんいるから紹介してあげるよー」

「それはありがたい!」

 

 

そうして全部段取りしてもらいましたw

 

 

夜何するか決まってなかったんで、一緒に飲む流れになって

一旦2日目ダイビング編は終わりにします。

 

 

次は、ガイドさんと一緒にプーケットの夜を楽しむ編です。

 

 

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(移動編)1日目ドムアン空港→プーケットまで

f:id:trikeratops123:20200422112501j:plain

 

こんにちは!

 

前回の記事で、日本→ドムアン空港までの航空機に乗る所まで書いたので

その続きを書いていきます。

 

日本から飛行機に乗る事6時間

 

到着

 

途中の機内で、入国に必要な用紙配られていましたが、その時は

それが必要かどうかよくわかってなかったので、無視していました。

 

それがのちに時間のロスを生む事になるとはしらず。。

 

日本は、冬だったのでタイについてタラップの外に出ると暑い。

暑いが日本の夏みたいにジメジメはしてないので実際の

気温程暑さを感じなかった。

 

 

湿気があるのとないのとでは、暑さの質も変わってくる事を体感。

 

 

そして入国審査に向かう通路で、

スタッフの方にお前の入国カード見せろといわれました。

 

あーー!機内で配ってたあれかー書いてないw

 

持ってないと言ったら、そこにあるから書いて持って来い

いわれ空港のWifiにつないで、調べながら書きました。

 

 

結構時間かかったので、今度から入国カードが必要な国に行くときは、

機内で絶対書いていこうと決心した瞬間でした。

 

 

入国審査自体は余裕で、ほぼ何も聞かれませんでした。

英語で聞かれる質問に対しての答えを想定していましたが、意味なかった。

 

ドムアン空港→ スワンナムプーム空港

 

荷物を受け取り、プーケットに行くために乗り継ぎで、ドムアン空港から

スワンナムプーム空港に移動。

 

 

移動には、事前に調べた無料のシャトルバスが出ている事を知っていたので、

シャトルバスを使って移動。シャトルバスを利用するには、

スワンナムプーム空港~の航空券を見せないとシャトルバスには乗る事

ができません。

 

 

詳しくは、下記にURLに載っています。

 

 

バス乗り場にいく時、空港の外に若干出るんですが、空港では

分かりにくなった海外感があってタイに来たなーって感じしました。

 

 

独特の暑さ。臭い。雰囲気これは行った人にしかわかりませんね

 

 

バスを待つ。欧米人が多く、しかも一人だけなので結構浮いてました。

バスが来てさっそうと乗り込む。

 

ウェブの情報では、渋滞にはまるととんでもない時間がかかると

書いてありましたが、その日は時間帯もあるんでしょうか渋滞知らずで

スワンナムプーム空港まで無事に到着する事ができました。

 

SIMカードと両替

 

到着したら、まずSIMカードの購入と両替

事前の情報でスワンナムプーム空港の地下のレートが

いいと聞いていたのでいってみましたが、その時は普通でしたw

 

 

これだけは言えるのが、日本の空港で両替しない方がいいです。

レートがそんなによくない。

何かあった時の為に3000円は日本で両替していきましたが、

基本的に、タイの空港で両替しました。

 

 

通信環境について、日本からWifiを借りるかSIMカードを買うか

ローミングを使ってそのまま海外でも使えるようにするかという選択肢

になってくるかと思います。 

 

 

間違いなく、現地の空港でSIMカード買ったほうがいいです!!

安いし、場所によって繋がらない、遅いとかストレスがありませんでした。

 

海外初で英語できない人でも簡単に購入できるので、絶対こっちの方がいいです。

 

最低限の事は整ったので後は何とかなります。

 

到着して、搭乗券の引き換えと荷物の預け入れ完了。

安いLCCがなかったので、タイ航空に乗りました。

 

スワンナムプーム空港→プーケット

 

プーケットまで1時間のフライトでしたが、機内サービスで

軽食等が出てきていい感じのフライトでした。

 

 

プーケット空港に到着!!

到着時刻は2200ぐらい。こっからバスに乗ってプーケット

カタまで移動します。

 

 

ここでハプニング。自分の荷物がベルトコンベアーから出てこない!?

スタッフさんが僕の所に話しかけにきてくれて、スマホの画面をみせてきて

その画面には、自分の荷物が写っているではないか。

 

 

全然英語聞き取れなかったが、どうやら違うターミナルに出てきているっぽいw

めっちゃ道順説明してくれているが、ほとんど理解できなかった。

 

f:id:trikeratops123:20200422112321j:plain

 

 

道順が書いてある地図みたいなのをみせてくれたので、それをスマホ

撮って目的の場所にまで向かうことにした。

 

 

別のターミナルと行ってもそれほど離れているわけではないので、

徒歩10分ぐらいで到着!そこから中に入ろうとしたが、到着ロビーから

中には外から入る事ができない。

 

 

違う所から出てきた原因は、国内線と国際線の出口を間違った事。

そいうえば飛行機降りて、二手に分かれる時適当に

選んでいったのが間違いだった。

 

 

警備に人に事情を説明する。勿論喋れないので、

スマホの翻訳アプリを使用した。

 

 

訳わかってくれて、通れた。

あのインフォメーションカウンターに行けと言われていった。

 

 

スタッフの人に片言の単語で話すが、あっちが何言っているのか

リスニングがダメすぎて何を言っているのが全く理解できていないw

 

 

スタッフの方も、こいつには英語で何を言っても無駄だという事を

悟ったのか、スマホの翻訳アプリを使ってくれて、翻訳してくれた

 

 

「空港のスタッフにここに来てくれと言われたのか?」

的な事を言われ、何とかゲートを通してもらった。

 

グーグル翻訳様様でした。

 

 

無事荷物を受け取る事ができたが、2200回りそうな時間。

こっからまた移動しないといけないのに。。

 

ミニバスについて 

 

こっからは、本日の宿のカタまでミニバスで移動する。

タクシーでもよかったけど、大分安いのでミニバスにしました。

 

 

事前情報でミニバスは利用しない方がいいとネットの情報には書いてたが、

実際乗ってみて、安く済ませたいならミニバスが絶対いい!

 

 

デメリットしては、

・定員が集まらないと発車しない

 →僕の時は、30分ぐらいで発車した

・運転がくそあらい

 →酔った

・ホテルの目の前まで送ってくれるが、一番最後だと余計時間かかる

  →一番最後だった

 

このぐらいだと思います。

 

後ろの座席に乗ると地獄を見ると書いてあった理由がわかりました。

利用するなら絶対前の座席の確保は必須ですね。

 

 

時間に余裕がない人やお金に余裕がある人はタクシー使った方が

快適な移動になる事は間違いないです。

 

 

運転の荒さに、中国人や欧米人など色んな国の人乗っていたが、

雰囲気的にみんなびっくりしていたと思う。そんなレベル。

 

 

自分が一番最後の乗客で、宿泊先がゲストハウスだったので、

グーグルマップを見せながら、なんとか近くまで到着。

 

 

運転手にお礼をして別れた。

詳しい場所がよくわからなくて、少し迷った。

プーケットの街の匂いは独特な匂いで生ごみパクチーが合わさった匂い。

 

 

決していい匂いではないが、日本ではできない体験なので

凄く新鮮な気持ちになった。

 

 

何とか目的のゲストハウスを見つけて、片言の英語でチェックイン

部屋は、綺麗なドミトリーだった。

 

 

時間も時間なので、ルームメイトをなるべく起こさないように静かに

したつもりだったが、めちゃくちゃドアの音がなるw

 

 

しかし人の気配はなくルームメイトは、外に出かけているみたいだ。

 

 

僕はというと、もうその元気なく、速攻で寝た。

そもそも、夜遅すぎて、ナイトマーケットしまってる

明日ダイビングでかなり朝が早いっていうものあるんだけどね。

 

 

そういう感じでやっと落ち着きました。

 

【海外1人旅】タイに初海外旅行行ってみた(移動編)1日目になるはずだった

こんにちは!

 

2019年度の目標だった、海外旅行。2020年に持ち越しで行ってきました。

 

 

「初海外」+「一人旅」だったのでめちゃくちゃ戸惑う事ばかりでしたが、

刺激が半端なかったです。

 

 

これから、初海外行く方の参考になれば幸いです。

 

 

予定では、4泊5日の旅。

 

初海外で一人のせいか、楽しみというより不安の方が大きかった。

英語がまったく喋れないのが大きいな不安要素だろう

 

 

朝9:00の関空バンコク行きのチケットを購入した。

1月にエアーアジアだとかなりやすい往復3万でいける。

 

 

正直うまくやれば、国内で旅行するよりも断然海外の方が安く遊べる。

 

準備

現地で何をするかにもよるが。

・着替えの服(あっちはくそあついので半袖ハーパン)

 → ちなみにおしゃれなのはいらない。すぐ乾くやつ

・帽子(日差しが強いので必須)

・サングラス

・サンダル

・靴

・はぶらし、ボディーソープとか

・ヨックレス、トラベルピロー

・ポーチ的なやつ(貴重品を体から離さない為)

・パスポート+コピー

・お尻ふく為のティッシュ(あっちには紙がないとの情報の為)

 → 実際にはあったから使用しなかった

・日焼け止め

・モバイルバッテリー(必須)

 

※電源について

タイでは日本の電化製品はほぼ使えるんで、変圧器買う必要ないです。

電化製品に表示してある、AC100-240となっていればOKです

 

これぐらい持っていけば、なんとかなります

後は、忘れても買えばいいです。

 

実際歯ブラシ忘れましたが、あっちのコンビニで買いました。

 

全て自ら僕は手配をかけました。

・飛行機の予約

→ Surprice 

・宿の予約

→ Agoda

・海外保険

→ 色々調べるのがめんどくさかったんで、

  航空機の予約サイトと同じ所で取得しました

・ダイビング

→ カタダイビングサービス

 

出発日

 

関空発のバスに乗り。1時間程かけて関空に向かう。

 

空港に到着。

 

この空港の雰囲気がいいのよねー

今から旅出るぞって感じが。

 

そしてこの時点で、飛行機に乗れない事実を僕はまだ気づいていなかった。

国内の飛行機に乗るのとは訳が違いチェックインカウンターがいくつもある。

 

まず電光掲示板に表示が出るので、それを頼りにチェックインを済ませる。

電光掲示板で確認しても、自分の乗る飛行機のカウンター番号がない。

 

 

どういう事かよくわからなくて、空港スタッフの方に聞くと

もうチェックインカウンターは閉まったとの事w

 

急いで、該当の航空会社のスタッフの方に声をかけるが、塩対応で

どうする事もできないといわれその飛行機に乗る事はできなかった。

 

 

ここで国内の航空機に乗るノリでいた事が失敗だった。

1時間前にチェックインカウンターは閉まるので、最低2時間前には

到着しておかなければならない事をこの時学んだ。

 

 

結構絶望した。。

絶望したところでしょうがないのでその日に行ける

航空券を探したが無理だった。

 

しょうがないので、後日にずらして全て手配する事にした。

宿、航空券、ダイビングショップ

なかなか大変だったが、なんとかした。

 

一番痛いのは、お金だ。

7万ぐらい損した。これがまだアジアだったから

よかった。ヨーロッパとかだったら大変だったろうな

 

 

空港のwifi掴んで手配を済ませ、家に帰宅w

せっかく1日空いたので、もうちょい現地での

段取りをしっかり確認する時間にあてた。

 

明日のミスは許されない

 

 

次の日、無事関西国際空港に2時間前に到着。

航空会社はAirAsiaを使ったが、安いんだけど、シートは狭い。

 

隣が結構でかいタイ人の隣だったので、余計窮屈に感じた。

 

何より、CAさんがばちくそ可愛い!制服もめちゃくちゃ可愛い!

それが目の保養になりました。

 

 

出国するまではこんな感じででした。続く。

 

 

 

合コンしたら後からボコボコにされて考えさせらた

f:id:trikeratops123:20191201003635j:plain

 

こんにちは!

 

頭の中の整理も含めて、この前主催した合コンの話を書いていきます。

 

きっかけ

 

普段から大勢の飲み会には、よく行っていて、

いい感じの女性がいたら、ライン聞いています。

 

 

その時もラインをゲットする事ができた!

ただし、脈はなさそうだなとは個人的には思っていました。

 

 

なんで、ラインの内容的には保険もかけて

 

 

「今度一緒に飲みにいくか、飲み会しない??」

 とラインしてみた所。

 

 

「みんなで飲みましょうと言われました!!」

 

 

終わった!!

 

 

がまだその子の友達でワンチャンあるさ。

という事で3:3で合コンをやる事にしました。

 

 

ここで悲劇は起きた・・・

 

 

合コン

 

当日メンズは、いつものメンツを用意。

顏とノリ的には外れはなしと思います。

 

 

女性陣

1人目:狙ってた子

2人目:30代前半のリーダー的感じ

3人目:30代前半の肌綺麗目

 

 

そんな感じのメンツでスタート。

 

 

正直ここでのトークの内容は、重要ではないので割愛。

 

 

2次会が終わって、カラオケにみんなでいく事になりました。

初対面の人とカラオケが嫌いな僕はあまりいきたく

ありませんでしたが、、、行きました!!

 

 

ここでの僕の振る舞いが、後々のネタになります。

 

 

その場では、みんなが知ってる曲を歌って

それなりに接待カラオケができていたと思っていました。

 

 

ー数日後ー

 

 

一緒に行っていた後輩と会った時に聞いた話です。

 

後:この前の子と2:2で飲み行きました。

自:どうやった?

後:この前のコンパの事ぼろくそ言われてましたよw

自:え?場の回し方とか、トークについて?

後:いえ。自分の事しか考えてない人って言われてました。

自:どの辺の振る舞いでそう思われたの

後:カラオケでみんな4小節づつぐらいでマイク回しているのに

  自さんは、マイク回さずにずっと自分で歌ってたからだそうです

自:トークや場の回しじゃなくてよかったー!^^

 

 

という事がありました。

 

考察

 

すっかり油断してました。そういう所もしっかり見られてたんですね。

 

 

圧倒的反省!!!

 

 

今回の目的を考えたら、

「新たにいい人を見つけて後に繋げる事」

 「幹事として場を回す事」

 

 

そこから考えると、

特にいいなーって思う人はいなかった時点で目的は

なくなったも同然だから、どう思われても問題ない。

 

 

今回も場合は!!!

 

 

しかし、もしこういうカラオケパターンがあった時に、

自分がいいなと思った人がいたら、彼女たちの言っている事が正解。

 

 

何でもそうだけど、やりたいかやりたくないかじゃなくて

目的に合った行動の選択が必要な事を、今回改めて学ばせて頂きました。

 

 

だから何にしても、目的を持っていたら正しい選択がすぐにできるのだ

この記事を書いてて感じた。

 

 

 

終わり!!