雲のかなた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲のかなた

楽しく生きる方法を思考する

ダイビングサークルに入ろうとしたら、くっそ高い機材買わされそうになった話 完

f:id:trikeratops123:20170311230010j:plain

約束の時間にお店に到着。

前回と違い店内には。何人かメンバーがいて雑談したり、

ゲームをしたりしていました。

店内は、メンバーのみが入れる部屋があり、そこが憩いの場的な感じになっており、

おのおの自由にしていました。

 

 

初めに、ダイビングとは?みたいな動画を30分間みてました。

その動画がVHSで、ちっさい頃、VHSを使ってビデオを見てたのを思い出して、

懐かしい気持ちになった。

 

動画も終わり、終わったことを告げに行くと、休憩~

 

店内にいた、メンバーのみなさんとしばし歓談。みんな普通の社会人の方たちばかりで、入ったきっかけはダイビングをしたいというよりも、友達を増やしたいと思って

入った方たちがほとんどでした。

 

休憩が終わり、次は実際の講習の流れとか、前よりもっと突っ込んだ

説明をするとの事。

 

CMASとはどういう団体か?の説明から入ってCMASのカードのランクの説明。

このカードを取ればこんなことができますよーみたいな。

 

 

そして、ショップが提案している、機材のお話に。

このショップで取り扱ってる、ウェットスーツはオリジナルで作って

発注しているらしい。ちょうどウェットの生地の色決めている所に

遭遇したのでみせてもらった。部位ごとに色を自分で決めて、

採寸してオーダーする方式。

生地は、兵士が使う用のいいのを使っているらしいw

 

組み合わせは色々あるから、人とは被らないだろうけど、写真を見せてもらうと、

みんな同じやつを着用していたので、この店でやるにはここで買わないと

ダメなんだっていうのを雰囲気で悟った。

 

ぷらす、セミドライスーツも一緒に発注しないといけない感じでした。

いったい、いくらになるんだw

 

 

説明の後に、

相手「じゃぁ!○○はカードのランクはどこまで取りたい?^_^」

 

(取るとかまだ一言もいってねーよww)

 

相変わらず話が早い。

 

僕「いや、まだ取るって。。。」バッ

 

相手「一応目標は、設定しといたほうがいいからね!とりあえずどこまで

   いきたいと思ってるかだけ教えてー^_^」

 

僕「んーそうっすね!プロとかなれたらいいっすねー(棒)」

 

相手「そうするとー!機材とか全部コミコミでー」

 

計算し始める。

 

相手「いくらぐらいだと思う?^_^」

 

僕「50万ぐらいっすか?」

 

相手「いやいy、まぁ100ぐらいか~^_^」

 

僕「」

 

相手「ちなみに○○は、何にお金使ってるのー??」

 

僕「趣味にいくら~家賃にいくら~」

 

相手「ってことはローン組んで毎月こんぐらいったらいけるね^_^」

 

僕「」

 

笑いそうになりましたw

 

周りに人もいたことから、なかなかその場では断りきれなかったんで、

考えてから後日電話で結果を伝えさせて、頂きますと適当にその場は

切り抜けて帰りました。(即断れない自分の悪い所だしてしまった)

 

後日、電話で断りの電話を入れて、この件はしまいました。

電話口で相手のコードネーム呼んで呼び出すの結構恥ずかしかったー

 

機材等を購入したメンバーの方たちは、ほんとにそれで納得して買ったのか。

他の店と比べないで購入したのかなど思うところはありますが、考え方は

人それぞれだし、僕が口出しすることではないですね。

 

世界はまだまだ、知らないことだらけ。

 

 

終わり